Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆転裁判5 プレイ日記 その3

image_201308071353281ba.jpg

逆転裁判5をクリアし終わりました。最終話の犯人なのですが、全く意外な人物で驚きました。おっとこれ以上は。

逆裁シリーズは推理の他に「心理」という点にも焦点が当てられていますが、ココネちゃんやココロスコープだったり、

その部分に従来よりもダイレクトに踏み込んだ作品となっています。核心のネタバレ無しでも、追記は気をつけて。

テンポやイージーに感じられる要素はありますが、3Dだったり、演出だったりと、真新しさは感じられるはずです。

image_20130806223234d0e.jpg

image_20130806223233136.jpg

最終話の終盤になると春美ちゃんがやっとこさ登場します。探偵パートで一緒になるのですが、ポッと出ですね。

第3話の牙琉検事にしても、御剣検事にしても前作の主要キャラはあまり活躍しません。うん、まあ、そんなもんだ。

個人的には成長した春美ちゃんが見れただけでも良しとします。新作で旧作キャラが出るのってやっぱり嬉しいですし。

その春美ちゃんがナルホド君に真宵ちゃんの手紙を預かって持ってきます。あとは事務所の掃除とかしてくれます。

image_20130806223233509.jpg

image_20130806223232ac3.jpg

真宵ちゃんはナルホド君の初代助手。真宵ちゃんの手紙によると、修業が忙しくてなかなか出てこれないとのこと。

メールがあるのに何で手紙なんか?と思ったのですが、おそらく春美ちゃんがいつもの下りで書かせたんでしょうねw

“まあ、真宵さま!いけません!!(ry)”とか言ったんでしょう。

今では年齢的に「真宵ちゃん」じゃなくて「真宵さん」なんだよなぁ。4の茜ちゃんみたいに変わってる点もあるのかな。

検索結果やら見ると、逆転裁判5で真宵ちゃんを気にする人も多いですね。機会があれば、続編では会いたいもんです。

image_20130806223235982.jpg

ナルホド君といえばサイコ・ロック。霊力で見える心の錠(嘘や隠し事)に証拠を突きつけてぶっ壊していきます。

このシステムは先述で紹介した真宵ちゃんと春美ちゃんの力あってこそ使えます。霊力がうさん臭いとか言うな。

うさん臭さあっての逆転裁判でもあると思いますけどね。みぬきシステムとかココロスコープも前提はうさん臭(ry

極端にアレだと指摘も入れたくなりますが、もはやツッコんだら負けです。重箱の隅を突かないで考えずに楽しめ!

ツッコみといえば、真の犯人があのキャラとはねぇ。プレイヤー自身の「心理」を逆手に取った欺きは見事でした。

image_20130807024116329.jpg

image_20130807024115a3e.jpg

終盤の探偵パートから法廷パートの序盤までは御剣検事が出てきます。今では検事局長にまで登りつめたんですね。

心強い仲間として登場してくれました。ミっちゃんとは爆破された第4法廷でナルホド君と久しぶりの対決になります。

サルマゲ君の再来、名前はタヌ子じゃねーから。検事局長になっても御剣節は健在ですね。逆転検事3出ないかなぁ。

逆転裁判5では声優さんが変更されたので「異議あり!」の声も違います。ミっちゃんは少し違和感があるような。

それと、この裁判中にもココロスコープが活躍するのですが、あの演出は本気でゾッとしました。アップデート怖ェ・・・。

image_20130807024117af4.jpg

第4話で序盤の裁判パートからいなくなったオドロキ君が帰って来ました。この4話と最終話の舞台は同じです。

裁判パートでの事件こそ違いますが、4話と5話は繋がってる感覚でプレイしました。4話はかなり短く感じる。

この話はオドロキ君の過去を掘り下げ、ココネちゃんの未来にも繋げるストーリーなのですが、関心しますね。

前作では空気みたいだった主人公のオドロキ君。主人公がナルホド君に戻り、4の「逆転を継ぐ者」とは何だっ

たのかと心配でしたが、そのオドロキ君も一皮剥けてます。裁判パートもラストでは「みぬく」が解禁されました。


image_20130807024118bcd.jpg

27時間でクリアした逆転裁判5、主人公がナルホド君とはいえ、3人の弁護士にちゃんとスポットが当たってます。

最終話の事件では3人が一緒に突きつけられる最もらしい理由もありますし、本当の主人公は3人じゃないかな~。

不満といえば、探偵パートや裁判パートでメインとなる弁護士の話がそれぞれ振り分けられているので、どうしても

弁護士達の活躍が全体的に広く浅くなってしまっている点でしょうか。新要素のココロスコープはともかくとして、

前作主人公のサイコ・ロックやみぬきシステムはほとんど活躍も無しでしたし。あとは捜査パートだけに主要部分

を凝縮しました感がやっぱり嫌かな。背景や3Dでの証拠リストの捜査が極端に少なくて自由度の無さは随一です。

バックログ機能やセーブ時の仕様などは痒い所に手は届いていますが、他のテンポが速くて、ボリューム不足っぽい。

あとはシリーズファンだからこそで、キャラやパート展開への不満など他にも細かい点に賛否両論はあると思います。

しかし、最初のプレイで個人的には十分楽しんだかな。最後は信号機みたいだけど全員が好きになれるキャラでした。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

管理人プロフィール

皇帝ペンギン2号

Author:皇帝ペンギン2号
詳しくはブログの説明書参考にどうぞ

カテゴリー別サイト
カテゴリー別アーカイブ
閃乱カグラSV 応援バナー
閃乱カグラSV 応援バナー2
注目しているゲームタイトル
テイルズ オブ ゼスティリア さよなら 海腹川背 ちらり ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D ドリームクラブGogo. 絶対絶望少女 大乱闘スマッシュブラザーズ 仮面ライダー バトライド・ウォーⅡ デカ盛り 閃乱カグラ アイドルマスター ワンフォーオール 初音ミク -Project DIVA- F 2nd 妖怪ウォッチ2 真打 戦国無双4 アルカナハート3 LOVE MAX!!!!! 逆転裁判123 成歩堂セレクション
実績のロックが解除されました
ランキングに参加しています!
ブログランキング・にほんブログ村へ
XBOX360ゲーマータグ
現在プレイ中のゲームタイトル
ドリームクラブポータブル
麻雀ドリームクラブ応援バナー
スペシャルエディぴょん応援バナー
TOP画像一覧
トロコン獲得済みゲームタイトル
注目しているフィギュア
ゴッドイーター2 シエル ゴッドイーター2 香月ナナ ゴッドイーター2 アリサ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。